全年齢用キャットフード

キャットフードには、「子猫用」「成猫用」「シニア用」のネコちゃんのライフステージに合わせた商品があります。愛猫の健康管理には年齢別のキャットフードを上手に与えるのがベストかもしれませんが、年齢の異なるネコちゃんを何匹も飼っている場合、子猫用や成猫用、シニア用と分けて与えていたら手間もかかり経済的にも負担が大きくなります。同じキャットフードで済ませられるのなら、その方が絶対に便利ですよね。

「全年齢対応キャットフード」は、文字通り子猫から成猫、シニア猫まで年齢に関係なく与えられるキャットフードです。

もともと野生の猫は、子猫であろうと老齢猫であろうと食べる物は同じです。違いは食べる量だけです。全年齢対応のキャットフードも同様に、年齢の違いは与える量で調節するのです。

全年齢対応のキャットフードには、品質の良いものが多い傾向にあります。良質のタンパク質や人工の添加物を使用していないなど、栄養に優れた安心なキャットフードが数多くあります。粗悪なキャットフードのように健康を害するような心配はありません。

しかし、このような良質なキャットフードは価格も高く、一般的なキャットフードと比較すると3~4倍で、高価なものでは10倍ぐらいするものもあります。また、高価なものでなくても良品質で手頃な価格の全年齢対応のキャットフードもあるので、内容を吟味して購入して下さい。

但し、アレルギーや腎臓病などの病気を持っている愛猫には、全年齢対応のキャットフードは難しいかもしれません。全材料や栄養成分など細かな調整は不可能なのです。それぞれ専用のキャットフードを選ぶのが無難です。

全年齢対応のキャットフードは、健康に問題のないネコちゃんにオススメです。年齢でキャットフードを替える手間も必要なく、栄養管理の心配もありません。多頭飼いご家庭では、同じキャットフードを与えるだけですから、ネコちゃんごとにエサの心配をする必要がありません。

子猫から老猫まで、同じキャットフードで通せれば、飼い主にとってはこれほど楽なものはありません。愛猫が健康であるのなら全年齢対応のキャットフードはオススメですよ。

© 2018